なぜ注射ではなくサプリを選んだのか

母の滴 口コミ 効果写真 効果 画像

私がプラセンタ注射ではなくプラセンタサプリを選んだ理由はデメリットが怖かったからです。

 

プラセンタ注射のメリットは、人からのプラセンタエキスなので比較的早く効果を実感できることでしょうか。

 

しかし、デメリットが5つあります。詳しくは病院で説明していただけるのですが、完結にまとめてみました。

 

 

 

 

@ヤコブ病などの感染症にかかるリスクがあること
過去にプラセンタ注射を摂取したのち、ヤコブ病に感染した事例、狂牛病に感染するリスクがあるのが怖かったのです。その他、未知のウイルス感染のリスクもあるそうです。

 

A注射によって肝障害が発生するリスクがあること
体に本来ない成分を直接入れるので、肝臓に負担がかかり、肝障害を起こすリスクがあります。

 

B高額な費用がかかること
やはり1番ネックなのは費用がかなりかかることでしょうか。1回2000〜5000円で、週に2〜3回打つ必要があります。さらに通院に交通費が加算されたらサプリメント1ヶ月分以上の金額です。

 

C輸血ができなくなるリスク
感染症などのリスクがあることからプラセンタ注射を打っていると輸血ができません。万が一のことを考えたら、このリスクは結構大きいと思います。

 

D同意書を書かなければいけないこと
上記のリスクがあることから、もし何かあったら自己責任であるということで、同意書にサインをする必要があります。結構勇気がいりますよね。

 

原末 プラセンタ,ヒロソフィー,効果写真,効果,画像

 

 

母の滴 口コミ 効果写真 効果 画像

サプリメントなら注射のようなリスクはありません。しかも、毎日飲んでいれば注射と同様の効果が得られると聞いたので、サプリメントを続けることにしました。

 

ちなみに私が以前美容皮膚科で処方されて飲んでいたものは、JBPポーサインというものです。JBPポーサインは、豚プラセンタです。

 

医療用注射製品と同じように、プラセンタ本来の持っている様々な生理活性物質を、メーカー独自の技術を用いて安全に、そして効率よく抽出した健康補助食品です。100%豚のプラセンタ原末が摂取できます。

 

もちろん効果はありました。ただ、JBPポーサインは1ヶ月14000円、病院でないともらえないので、段々足が遠のき、結局はやめてしまいました。

 

しかし、プラセンタを飲んでいた時の調子の良さを思い出したら、やっぱり飲んでたほうが全然良いです。

 

やめてから肌荒れがひどかったのが元通りになってしまったので、継続が大事だと実感しました。

 

母の滴プラセンタEXはその点配合量もJBPポーサインと同程度、値段は1ヶ月4980円、安全最高品質なので続けやすいです。

 

母の滴プラセンタEXについて詳しく知りたい方は、下記のボタンをクリックすると見れます。

 

母の滴 口コミ,効果写真,効果,画像