ブラセンタの成分を大解剖します!(調査しました)

 

<プラセンタの成分について>

 

リジン、アラニン、アスパラギン酸、ロイシン、グルタミン酸、アミノ酢酸、バリン、セリン、チロシン、フェニルアラニン、トレオニン、アルギニン、プロリン、シスチン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、ウラシル、アデニン、グアニン、チミン、シトシン、ミネラルナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、キサンチンなど

 

アミノ酸・核酸のほかにミネラルも豊富で抗酸化物質のキサンチンも入っています。

 

 

<プラセンタに含まれる主な成長因子>

 

肝細胞増殖因子(HGF)、神経細胞増殖因子(NGF)、上皮細胞増殖因子(EGF)、線維芽細胞増殖因子(FGF)、インシュリン様成長因子(IGF)、免疫力を向上させる成長因子、インターロイキンT、インターロイキンU、インターロイキンV、インターロイキンW

 

 

<プラセンタの効用>

 

美白作用、保湿作用の他に、自律神経調整作用、疲労回復作用、血行促進作用、活性酸素除去作用、抗貧血作用、抗炎症作用、免疫賦活作用、抗アレルギー作用、強肝・解毒作用などがあります。