プラセンタ飲用の医学的研究で効果が科学的に証明されました!

母の滴 オススメ金大大学院医学系研究科産婦人科学教室の吉川智香子さん(博士後期課程2年)は3日 までに、豚の胎盤から抽出した物質「プラセンタ」を服用すると顔のしわが縮小し、皮脂 量が増加する「若返り効果」が得られることを科学的に実証した。成果は5日に金沢市で 開幕する日本補完代替医療学会学術集会(北國新聞社後援)で報告する。

吉川さんは50〜60歳の女性15人にプラセンタを含んだ錠剤6錠を3カ月間飲んで もらい、「スキンアナライザー」と呼ばれる計測装置で飲まなかった40人と顔のしわの 幅や皮脂量を比べた。測定値のばらつきを小さくするため、しわは目尻の下、皮脂量は額 中央部付近の「Tゾーン」でそれぞれ測定した。

 

その結果、錠剤を服用した15人はしわの幅の平均値が約40マイクロメートル(マイ クロメートルはミリの1千分の1)と、飲まなかった人の約50マイクロメートルより約 2割縮まった。皮脂量については、飲まなかった人の平均値が約150ナノグラム(ナノ は10億分の1)だったのに対し、飲んだ人は約400ナノグラムと2・5倍以上に増加 した。

 

吉川さんの指導教官である小池浩司准教授によると、プラセンタは美肌効果のほか更年 期障害の改善や免疫力がアップするなどの効用が報告されているが、スキンアナライザー を使って科学的に証明した研究はこれまで実施されていない。小池准教授は「プラセンタエキスの内服が肌に良い影響を及ぼすことを、客観的な測定で明らかにした成果は大きい 」と話した。

 

日本補完代替医療学会学術集会は5、6日、金沢市の県文教会館で「アンチエイジング とEBM」をテーマに開かれる。(富山新聞より引用)

 

 

今回の記事では、「プラセンタ」を服用すると顔のしわが縮小し、皮脂量が増加する「若返り効果」が得られることを初めて科学的に実証したビッグニュースです。

 

実は、エビデンスが証明されているものってなかなかないんですよね。

 

医薬品しかり、サプリメントでこのような試みは大変珍しいです。

 

薬事法があるので、治療ではなく改善という言葉を使わなければなりませんが、しわの改善は私の中でも実証済みです。

 

研究に使われたのは、豚プラセンタですが、馬でも研究が進んで欲しいです。

 

 

 

なぜなら、豚は一度にたくさんの子供を産めるし、年に数回分娩できます。

 

しかし、馬は人間と同じように、1年に1度、1頭しか産まれないからです。

 

下の写真のとおり、馬と人間の

 

 

 

母の滴 口コミ

 

哺乳類の中で、より近い分娩サイクルなので、ぜひ馬プラセンタでもアンチエイジング分野だけでなく、様々な不調の改善に効果が見られることを科学的なデータで実証していただきたいですね。

 

 

母の滴プラセンタEXはこちら